学会誌JSPEN
Online ISSN : 2434-4966
原著
重症患者(ICU患者)に対する栄養アセスメントと栄養管理アウトカムの関連:前向き観察研究のpost hoc解析
石川 史明東別府 直紀Daren K. Heyland
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2021 年 3 巻 5 号 p. 272-280

詳細
抄録

要旨:【目的】重症患者における栄養アセスメントの有無と栄養管理アウトカムの関連を推定すること.【対象および方法】国際栄養調査2014に本邦より登録され,7日以上ICUに滞在した重症患者を対象とし,栄養アセスメントの有無により2群に分け,患者背景と栄養管理アウトカム(エネルギー,たんぱく質投与量,経腸栄養開始までの日数),予後について,単変量,多変量解析により比較した.【結果】329例が対象となり,67.7%に栄養アセスメントが行われた(有群).有群でエネルギー投与量は有意に高く(中央値[四分位範囲]:12.5[6.2, 18.0]kcal/kg/day vs 8.0[2.1, 13.1]kcal/kg/day[p < 0.01]),経腸栄養開始までの日数は短かった(中央値[四分位範囲]:1.31[0.75, 2.44]日vs 2.65[1.26, 4.05]日[p < 0.01])【結論】重症患者に対する栄養アセスメントの有無は栄養投与量や早期の経腸栄養開始などの栄養管理アウトカムに関連する.

著者関連情報
© 2021 一般社団法人日本臨床栄養代謝学会
前の記事 次の記事
feedback
Top