日本建築仕上学会 大会学術講演会研究発表論文集
2012年大会学術講演会研究発表論文集
会議情報

2012年大会学術講演会研究発表論文集
マルコフ連鎖モデルに基づく外装材の劣化シミュレーション
*林 瑞紀今本 啓一本橋 健司兼松 学楡木 堯井上 照郷
著者情報
会議録・要旨集 フリー

p. 11-

詳細
抄録

将来の維持・管理の策定に資するツールを開発するため,外装仕上げ材料の耐用年数を予測する手法を構築する。しかしながら,外装仕上げ材の劣化には施工,環境,材料特性,使用条件、その他複合的な因子が含まれており,要因ごとの劣化メカニズムを積み上げ,全体を予測することは容易でない。そこで本研究では,実構造物調査を通して外装仕上げ材の劣化状況を把握し劣化要因の定量化を行い,確率論モデルを用いた劣化シミュレーションによる建築材料の耐用年数予測手法の確立を試みる。

著者関連情報
© 2012 日本建築仕上学会
前の記事 次の記事
feedback
Top