地質学雑誌
Online ISSN : 1349-9963
Print ISSN : 0016-7630
特集 ヒマラヤ-チベットの隆起とアジア・モンスーンの進化,変動
アジア・モンスーンの進化と変動
-そのヒマラヤ-チベット隆起とのリンケージ-
多田 隆治
著者情報
ジャーナル フリー

111 巻 (2005) 11 号 p. 668-678

詳細
PDFをダウンロード (728K) 発行機関連絡先
抄録

ヒマラヤ-チベットの隆起がアジア・モンスーンを強化したとする考えは古くから存在したが,それらの開始時期や様式について十分な知見が得られていなかったため,検証されずに今日に至っている.近年,中国のレス堆積物や日本海堆積物を用いたモンスーン進化過程の復元が進み,ヒマラヤ-チベットの隆起時期や過程についても知見が蓄積されてきた.ヒマラヤ-チベットの隆起とモンスーンの成立,進化の関係の吟味に不可欠な気候モデルも,飛躍的に改善が進んだ.本総説では,アジア・モンスーンの開始,進化,変動に関する最新の古気候学的知見を基にその進化過程を復元し,気候モデルを基に推定された進化過程と比較して,ヒマラヤ-チベットがどのように隆起してきたと考えれば,モンスーン進化過程が最もうまく説明がつくかを検討した.こうして推定されたヒマラヤ-チベットの隆起過程は,構造地質学的に推定された隆起過程と概ね整合的と考えられる.

著者関連情報
© 2005 日本地質学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top