国際生命情報科学会誌
Online ISSN : 2424-0761
Print ISSN : 1341-9226
ISSN-L : 1341-9226
第2回生命情報科学シンポジウム
脈波の圧力依存性に関する研究
足達 義則青木 孝志藤井 隆司
著者情報
ジャーナル フリー

1997 年 15 巻 1 号 p. 209-215

詳細
抄録

脈診は中国医学の四診八綱の内重要な地位を占めているが、脈の取り方、見方については流派により諸説がある。また、見方は経験により定性的な表現で伝承されており、広く誰でもが診断に適用できるわけではない。本研究では、コンデンサマイクロフォンを用いて手首とう骨付近で脈を採る際、マイクロフォンの押下圧力に対する脈像の変化に注目し、伝統的に言われている「浮、中、沈」に対する指針を得た。

著者関連情報
© 1997 国際生命情報科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top