労働科学
Online ISSN : 2187-2570
Print ISSN : 0022-443X
研究ノート
マスク内圧・フィッティングテスター(MNFT)と防護係数の測定について
渡邉 雅之
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 90 巻 2 号 p. 71-75

詳細
抄録

呼吸用保護具の漏れ率を確認する定量フィットテスターは日本では 「労研マスク・フィッティングテスターMT-03(柴田科学株式会社製)」,欧米では 「PortaCount Pro(米国TSI社製)」 が主に使用されている。本研究では株式会社重松製作所からの提案のもと柴田科学株式会社が開発した定量フィットテスター 「マスク内圧・フィッティングテスター(MNFT)」 のマスク内圧および漏れ率について検証を行った。対象マスクは取替え式防じんマスク(DR)と電動ファン付き呼吸用保護具(PAPR)を使用した。結果よりMNFTは呼吸用保護具の漏れ率をリアルタイム観察できるため,装着状況の改善や呼吸用保護具の性能評価に有用であることが示された。(図7,表1)

著者関連情報
© 2014 公益財団法人 労働科学研究所
前の記事
feedback
Top