日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学
Online ISSN : 1884-8230
Print ISSN : 1346-8111
ISSN-L : 1346-8111
症例報告
若年者の前歯部外傷歯に対して 意図的再植術により審美的に修復した1 症例
櫻井 健次木村 拓郎
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 40 巻 1-2 号 p. 60-64

詳細
抄録

若年者の歯肉縁下に及ぶ破折歯の保存に対して,侵襲の少ない保存処置として矯正的挺出が第一選択である.しかし治療に要する期間,歯冠・歯根比などの観点から,意図的再植術を検討すべき症例がある.本症例では破折部や審美性など考慮して意図的再植術を選択した.歯根長を変化させることなく,フェルールが確保でき,またプロビジョナルレストレーションを修正することにより歯肉形態の調和に配慮し,歯冠材料にジルコニアを用いることにより審美的,構造的に安定した歯冠修復ができた.良好な治療結果が得られたので報告する.【顎咬合誌 40 (1・2):60-64,2020

著者関連情報
© 2020 特定非営利活動法人 日本顎咬合学会
前の記事 次の記事
feedback
Top