日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
論文
高精度・高速の緊急地震速報を目指して
-気象庁観測網とHi-net の統合処理-
山田 真澄溜渕 功史WU Stephen
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 14 巻 4 号 p. 4_21-4_34

詳細
抄録

現在、気象庁が用いている緊急地震速報の処理には、気象庁の観測網を利用する処理と、Hi-netのデータを用いた着未着法の2つの処理系統がある。これらは独立して行われ、それぞれ計算結果を比較して緊急地震速報に使用している。本研究では、より高精度、高速の緊急地震速報を実現するため、気象庁観測網とHi-netの統合処理を検討する。我々は、Hi-net 速度計に帰納的な方法で機械補正及びハイパスフィルタ処理を行い、気象庁の機械式地震計の応答と揃えた。また、Hi-net速度計が飽和する問題についても検証し、震央距離10km、深さ10kmの場合マグニチュード5.2程度まではP波が飽和せず使用可能である事を示した。Hi-netの地震計データは、適切なフィルタ処理により気象庁の地震計データと併用することが可能である。2つの観測網の統合処理によって、内陸部では平均3.6秒ほど警報発表時間が向上する。

著者関連情報
© 2014 一般社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top