日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
2011年東北地方太平洋沖震の津波断層モデルの再検討
―津波関連観測データをフル活用した推定―
根本 信横田 崇高瀬 嗣郎今村 文彦
著者情報
ジャーナル フリー

2019 年 19 巻 2 号 p. 2_25-2_41

詳細
抄録

2011年東北地方太平洋沖地震の津波断層モデルとしては,これまでに多くのモデルが提案されている.しかし,これらのモデルでは一部の観測データは説明できるものの,GNSSの連続観測データや沿岸の津波痕跡高分布を含めて総合的に評価されていない.本研究では,沖合津波波形データ,陸域・海域測地データ,GNSS連続観測データおよび津波痕跡高データを用いて,これらのデータを説明する津波断層モデルを線形と非線形のインバージョン解析により構築した.その際,断層すべりを与えるプレート境界面として,横田ら(2017)で提案された現実的なプレートモデルを用いた.解析の結果,地震発生から約1分後に宮城県沖で主要な断層すべりが生じるとともに岩手県沖の海溝軸に沿って地震発生から4分後までゆっくりとしたすべりが継続する断層モデルが推定された.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top