日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
ISSN-L : 1884-6246
論文
原位置サンプリング試料を用いた非排水繰返し三軸試験結果のばらつきと信頼性について
山口 輝大加村 晃良金 鍾官風間 基樹
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 19 巻 5 号 p. 5_77-5_87

詳細
抄録

地盤の詳細な液状化の予測判定を行う場合,原位置からのサンプリング試料を用いて非排水繰返し試験によって土の液状化特性が評価される.原地盤そのものに不均質性,サンプリング時の乱れ,要素試験法自身の問題などのため,得られる液状化強度曲線には一定の不確実性があると考えられる.本稿では,土木研究所が実施した原位置試料による室内試験結果から液状化強度曲線の信頼性を検討した.その結果,液状化強度曲線に含まれるばらつきの原因の傾向を明らかにし,液状化の程度をエネルギー的観点で評価することの優位性を示した.

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本地震工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top