日本地震工学会論文集
Online ISSN : 1884-6246
花折断層による京都盆地の3次元非線形有限要素法による強震動予測
土岐 憲三岸本 英明古川 秀明酒井 久和
著者情報
ジャーナル フリー

2007 年 7 巻 5 号 p. 45-59

詳細
抄録

京都盆地に点在する文化遺産に対する防災対策を目的に、花折断層を想定地震とした京都盆地全域の強震動予測を3次元非線形有限要素解析により行った。解析では、絶対応答変位による定式化、共役勾配法、修正Newton-Raphson 法、並列計算を導入し、計算機資源および計算時間を節約した。京都盆地全域の非線形堆積地盤モデルに対して、シナリオ地震における基盤岩での強震動予測波形を多点異入力し、地震動評価を行った。検討の結果、文化遺産の集積密度の大きい東山山麓をはじめ、計測震度7の領域が京都市の第3次被害想定の計測震度分布よりも大きくなり、震源、深部地盤構造、堆積層の不整形性、土の非線形性を同時に考慮することの重要性が示された。

著者関連情報
© 日本地震工学会
前の記事
feedback
Top