日本内分泌・甲状腺外科学会雑誌
Print ISSN : 2186-9545
特集1
検診と微小癌:疫学の立場から
祖父江 友孝
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2018 年 35 巻 2 号 p. 104-106

詳細
抄録

USPSTFは,2017年の更新で,超音波および触診による甲状腺がん検診について,不利益が利益を上回る(推奨D)ため,無症状の成人については実施すべきでないと判断した。ただし,これは過剰診断についての実証的証拠に基づいた判断ではない。過剰診断の定量評価については,さらに検討が必要である。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc/4.0/deed.ja
前の記事 次の記事
feedback
Top