第四紀研究
Online ISSN : 1881-8129
Print ISSN : 0418-2642
ISSN-L : 0418-2642
「考古遺跡からみた津軽の人と自然」特集号(その1)
岩木川下流低地のボーリングコア解析による完新世の環境変化
葛西 未央小岩 直人
著者情報
ジャーナル フリー

2014 年 53 巻 4 号 p. 213-228

詳細
抄録

縄文海進が及んだ岩木川下流低地の上流部で新たに採取したボーリングコアおよび十三湖河口部の既存コアを用いて,低地一帯における完新世の古環境変遷を考察した.本地域では,約7,000 calBPに塩分の高い環境になり,亀ヶ岡遺跡付近の低地まで内湾が形成され,約6,000calBPには淡水の影響が強い湖沼環境となる.その後,デルタの発達に伴う湖沼の縮小によって海水と淡水が攪乱されやすい状況が生じ,汽水環境へと変化した.さらに,これまで低地下流部で確認されていた4,000〜1,000年前に生じた淡水化の時期に,海水が流入するイベントが数回発生していた可能性が示唆された.淡水化の開始時期は低地一帯でほぼ同時であったが,それが終了して汽水環境へ変化した時期は場所によって異なり,下流部よりも上流部が,また上流部の中でも土砂供給量が多くデルタの発達速度の大きい河川沿いでより早く生じていた.

著者関連情報
© 2014 日本第四紀学会
前の記事 次の記事
feedback
Top