日本インテリア学会 論文報告集
Online ISSN : 2435-5542
Print ISSN : 1882-4471
姿勢の種類・変化時期・遷移形式:その1
着座姿勢の動的特性に関する研究
渡辺 秀俊安藤 正雄上野 義雪
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

1991 年 1 巻 p. 1-6

詳細
抄録

本研究は,椅子に座る人間がどの様に姿勢を変えているのかを,動的にとらえることを目的とした研究である。 劇場椅子と電車シートに座っている人間を,現場において経時的に観察したところ,以下のことが明らかになった。 1 )基本となる姿勢には,上体が後傾して尻が座面の前方にある姿勢と,上体が後傾して尻が座面の後方にある姿勢の2種類がある。 2)姿勢は常に変化しており,その回数の多少は,座面前方の空間の広さに影響を受ける。 3)姿勢は,前述の2つの基本となる姿勢間を交互に変動する。

著者関連情報
© 1991 日本インテリア学会
前の記事 次の記事
feedback
Top