脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
原著
胸部大動脈瘤の拍動特性から破裂圧力が推定できるか?
第52回総会 座長推薦論文
杉田 修啓松本 健郎大橋 俊朗熊谷 紀一郎秋元 弘治田林 晄一佐藤 正明
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 52 巻 July 号 p. 277-283

詳細
抄録

大動脈瘤破裂危険度の高信頼性予測を目指し,ヒト胸部大動脈瘤およびブタ胸大動脈の破裂試験を行った。円形枠にはめた板状試料を内腔側から加圧し突出量を計測した。両群とも加圧に伴い剛性(硬さ)が増加したが,大動脈瘤試料では低圧で組織が降伏し,剛性増加が低値で頭打ちになった。この降伏開始点の圧力は破裂圧力と有意に相関し,また1心周期中の径変化から予測できる可能性があるため,破裂予測の指標として有望である。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
次の記事
feedback
Top