脈管学
Online ISSN : 1880-8840
Print ISSN : 0387-1126
ISSN-L : 0387-1126
症例報告
腹部大動脈瘤切迫破裂との鑑別を要したコレステロール結晶塞栓症の1例
川原 優小林 夕里子鈴木 耕太郎深沢 学
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 53 巻 November 号 p. 203-206

詳細
抄録

要 旨:68歳,男性,腹部大動脈瘤の手術予定患者。大動脈の動脈硬化やプラーク付着が高度である。強い腹痛を発症したが,画像検査で異常所見なく,診断が確定できなかった。動脈瘤切迫破裂の疑いも持たれたが,のちに自然発症のコレステロール結晶塞栓症(CCE)による虚血性腸炎が原因と判明。CCEの多くは医原性誘因を有するが,自然発症例もあり,十分に認識していないと,早期に正確な診断をするのが難しい疾患と考えた。

著者関連情報

この記事はクリエイティブ・コモンズ [表示 - 非営利 - 改変禁止 4.0 国際]ライセンスの下に提供されています。
https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.ja
前の記事
feedback
Top