日本家政学会誌
Online ISSN : 1882-0352
Print ISSN : 0913-5227
ISSN-L : 0913-5227
資料
ヘルスケアフーズの情報に対する認知がおいしさ評定に及ぼす効果測定
笠松 千夏坂井 信之
著者情報
ジャーナル フリー

2022 年 73 巻 10 号 p. 613-620

詳細
抄録

 ヘルスケアフーズに関する情報がおいしさや期待する効能感に与える影響について, BCAA添加濃度の異なるインスタントスープを試作し, 持ち帰りテスト, 苦味の識別試験を行った. 持ち帰りテストは2週間実施し, 第2週目には広告形態の商品説明を配布した. また, 実験参加者にはTEG®3性格診断を行った.

 持ち帰りテストでは商品説明の有無にかかわらず, BCAA添加量が多くなるにつれておいしさ評定が下がる傾向が見られた. 期待する効能感については, BCAAの濃度が高いほど高く, BCAAの効能に対する商品説明を受け取った第2週の評定の方が高い傾向にあった. スープの摂取量については第1週目にはBCAA添加量が多いものほど摂取量が少なかったが, 第2週目にはいずれのスープの摂取量もほぼ同じになった.

 また, 仮説レベルではあるが, サンプルのおいしさ評定や広告形態の商品説明のわかりやすさ評定において, それら評定値と参加者の性格との関連性が見られる傾向であった.

著者関連情報
© 2022 一般社団法人 日本家政学会
前の記事 次の記事
feedback
Top