日本助産学会誌
Online ISSN : 1882-4307
Print ISSN : 0917-6357
その他
日本助産学会 エビデンスに基づく助産ガイドライン
—分娩期2012
片岡 弥恵子江藤 宏美飯田 真理子八重 ゆかり浅井 宏美櫻井 綾香田所 由利子堀内 成子
著者情報
ジャーナル フリー

26 巻 (2012) 2 号 p. 275-283

詳細
PDFをダウンロード (646K) 発行機関連絡先
抄録

 日本助産学会は,健康なローリスクの女性と新生児へのケア指針を示したエビデンスに基づく助産ケア―分娩期2012を作成した。ガイドラインを普及させるため,本稿ではガイドラインの内容を紹介している。ガイドラインには,29項目のクリニカルクエスチョンが含まれ,それぞれのクリニカルクエスチョンには,エビデンスの記述,解説,引用文献が記述されている。病院,診療所,助産所において,助産師がガイドラインに示されたケア指針を採択することで,エビデンスに基づいたケア,女性を中心としたケアを推進することができる。

著者関連情報
© 2012 日本助産学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top