日本心臓血管外科学会雑誌
Online ISSN : 1883-4108
Print ISSN : 0285-1474
ISSN-L : 0285-1474
症例報告
TOF 術後38年目に大動脈基部置換術を施行後,右肺出血を発症し ECMO にて救命し得た1症例
小林 靖彦光野 正孝山村 光弘田中 宏衞良本 政章西 宏之福井 伸哉辻家 紀子梶山 哲也宮本 裕治
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 38 巻 1 号 p. 75-78

詳細
抄録

症例は52歳,男性で術前に特に症状はなかった.Fallot四徴症に対し13歳時に根治術を,また46歳時にAVRを施行した.その後最大径が75 mmとバルサルバ洞の拡大を認め,52歳時に大動脈基部再建術を行った.術中,体外循環離脱後より気道内出血が出現し,術後ICU帰室時より右肺出血を認めた.3POD頃に内科的に完全に止血できたが呼吸不全が増悪し5PODにV-V ECMOを開始した.開始後6日目にECMOより離脱し得,59PODに退院となった.

著者関連情報
© 2009 特定非営利活動法人 日本心臓血管外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top