実験社会心理学研究
Online ISSN : 1348-6276
Print ISSN : 0387-7973
原著論文
NIMBY問題における公平と共感による情動反応:域外多数者の無関心は立地地域少数者の怒りを増幅する?
野波 寬田代 豊坂本 剛大友 章司
著者情報
ジャーナル フリー

56 巻 (2016-2017) 1 号 p. 23-32

詳細
PDFをダウンロード (411K) 発行機関連絡先
抄録

原発・廃棄物処分場・軍事基地などの迷惑施設をめぐっては,立地地域少数者と域外多数者との間で利害の不均衡が発生する。この不均衡に関心を示さない域外多数者に対しては,不均衡を知った上で非意図的に迷惑施設を受容する域外多数者に対してよりも,立地地域少数者の怒りや不満といったネガティヴな情動が喚起されるだろう。シナリオを用いた実験の結果,この予測は支持された。また立地地域少数者の情動反応には,利害の不公平に対する評価のほか,域外多数者への共感も,大きな影響を及ぼすことが示された。集団価値モデルにもとづき,立地地域少数者の立場に対する域外多数者からの関心の呈示は,前者が後者からの敬意を推測する手がかりになると考察した。以上の結果より,迷惑施設をめぐる公的決定の過程で,立地地域少数者と域外多数者との相互作用を検討する重要性について論じた。

著者関連情報
© 2016 日本グループ・ダイナミックス学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
ジャーナルのニュースとお知らせ
  • 2017年10月 『実験社会心理学研究』が変わりました

    1)論文カテゴリ “Short Note” を新設しました
    2)掲載決定論文は可能な限り速やかに電子ジャーナルで早期公開します
    3)投稿時に「チェックリスト」を提出していただきます
    4)電子付録の活用を勧奨します

    詳しくはこちらをご覧下さい.

feedback
Top