日本教育工学会論文誌
Online ISSN : 2189-6453
Print ISSN : 1349-8290
学生の学習と成長に対する授業外実践コミュニティへの参加とラーニング・ブリッジングの役割
河井 亨
著者情報
ジャーナル フリー

35 巻 (2011) 4 号 p. 297-308

詳細
PDFをダウンロード (1338K) 発行機関連絡先
抄録

本研究の目的は,質問紙調査に基づいて学生の学習を検討し,授業外実践コミュニティへの参加とラーニング・ブリッジングの"学生の学習と成長"に対する役割を明らかにすることである.授業外コミュニティとラーニング・ブリッジングに着目して,WAVOC調査2010の回答学生(431名)をグループ分けした.大学生活,学習評価,知識・技能の習得についての分析の結果,学習活動を行う授業外実践コミュニティに参加し,そこでの授業外学習を授業での学習に架橋する学生グループが,遊びと学習のバランスの取れた大学生活を送っており,学習評価と知識・技能の習得の点で,他のグループと比べて有意に高い得点を示した.ここから,"学生の学習と成長"にとって授業外実践コミュニティへの参加とラーニング・ブリッジングが重要であることが明らかになった.

著者関連情報
© 2012 日本教育工学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top