薬学教育
Online ISSN : 2433-4774
Print ISSN : 2432-4124
ISSN-L : 2433-4774
誌上シンポジウム:Evidence-Based Medicine(EBM)教育:誰が,何を,どのように教えるか
医薬品情報学におけるEBM教育
大津 史子
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2020 年 4 巻

詳細
抄録

医療において薬剤師は,個々の患者の医療上の問題を的確に識別し,介入し,最善最良の医療を提供する責任がある.そこで,名城大学では,医薬品情報学教育の目的を,薬学の各教科で得た知識を統合し,机上の知識を実際の医療に適用できる能力に高め,実際に医療を変革できる能力を育成することであると考え,カリキュラムデザインを行ってきた.これらの目的を達成するために,高い問題の識別能力と問題解決能力,具体的には,患者情報を評価する能力,的確な情報源を選択し,迅速に情報を収集し,的確に評価し,他の専門学問の知識を総動員し,対象に適用できる能力の育成が必要である.EBM教育は,この問題解決能力育成の基盤として複数の科目や実習で扱っている.本誌上シンポジウムでは,その中でも「医薬品情報学実習」,「薬物治療マネジメント」,「卒業研究基礎(文献講読セミナー)」に焦点をあて,効果的なEBM教育の組み込みについて紹介する.

著者関連情報
© 2020 日本薬学教育学会
前の記事 次の記事
feedback
Top