日本植物病理学会報
Online ISSN : 1882-0484
Print ISSN : 0031-9473
ISSN-L : 0031-9473
数種の情報伝達系阻害剤によるピサチン蓄積の抑制について
白石 友紀堀 直裕山田 哲治奥 八郎
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 56 巻 2 号 p. 261-264

詳細
抄録

情報伝達系への関与が予想される阻害剤のピサチン蓄積にたいする影響について,エンドウ上胚軸を用いて調べた結果,LaCl3, EGTA BAPTA, amitryptyline, chlorpromazine, quinacrine, TMB-8およびcaffeic acidは抑制効果を示さなかった。一方,カルシウムチャンネル阻害剤として知られるverapamilとプロテインキナーゼの強力な阻害剤であるK-252aはエリシターで誘導されるピサチンの蓄積を顕著に阻害した。verapamilはピサチン生合成系活性化後に添加した場合にも顕著な効果を示すことから,情報伝達系以外への作用が予想された。一方,K-252aはエリシター処理前に投与される場合に限り顕著な抑制効果を示した。本結果は,エリシター認識からピサチン蓄積に至る初期過程にプロテインキナーゼの関与することを強く示唆する。

著者関連情報
© 日本植物病理学会
前の記事 次の記事
feedback
Top