日本臨床麻酔学会誌
Online ISSN : 1349-9149
Print ISSN : 0285-4945
ISSN-L : 0285-4945
術中肺血栓症の一例
関口 芳弘吉住 順子茅 稽二
著者情報
ジャーナル フリー

1990 年 10 巻 5 号 p. 505-510

詳細
抄録

下肢静脈瘤ストリッピング術施行中に肺血栓症を発症した症例を経験した.腰部持続硬膜外麻酔法であったため,患者の訴えた胸部違和感,呼吸困難感などから早期より本症を疑い,Swan-Ganzカテーテルによる肺動脈圧測定,Digital Subtraction Angioraphy (DSA),肺血流シンチグラフィーの所見より肺血栓症の臨床診断を得た.治療としてウロキナーゼ,ヘパリンを持続投与したところ,副作用と思われる創部出血のために投与中止を余儀なくされたが,肺血流シンチグラフィー上改善を認め無事退院した.診断に必要な検査に関しその侵襲度,速やかな適用性を考慮すると,DSAがより有用であると考えられた.

著者関連情報
© 日本臨床麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top