日本緑化工学会誌
Online ISSN : 1884-3670
Print ISSN : 0916-7439
ISSN-L : 0916-7439
論文
沼津千本浜におけるカワラナデシコ (Dianthus superbus L. var. longicalycinus (Maxim.) Williams) の生育立地特性
新井 恵璃子大澤 啓志七海 絵里香
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 41 巻 1 号 p. 85-90

詳細
抄録

駿河湾奥の沼津市千本浜海岸においてカワラナデシコの生育立地特性を調査した。2区計1,630 mの海浜区間で,計794株が確認された。立地区分では高位面の草原,次いで崩落性斜面で生育密度が高く,半安定帯では生育が確認されなかった。ベルトトランセクト調査において,各調査区の個体数密度と土壌硬度,土壌水分,開空率の間に相関は認められなかった。各調査区の出現植物の被度を用いてDCAとクラスター分析を行った結果,本種はススキ等と同じグループにまとめられた。内陸側の松林と海側の半安定帯の海浜植生の間に生じた半自然草原が,本種の生育立地となっていると推察された。

著者関連情報
© 日本緑化工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top