情報の科学と技術
Online ISSN : 2189-8278
Print ISSN : 0913-3801
特集:特許情報と人工知能(AI)
機械学習等の情報技術を用いた特許調査について
太田 貴久
著者情報
ジャーナル フリー

67 巻 (2017) 7 号 p. 366-371

詳細
PDFをダウンロード (447K) 発行機関連絡先
抄録

近年,深層学習をはじめとする機械学習技術の発達により,様々な分野で機械学習を用いた業務の効率化が進められている。特許分野もその例外ではなく,人工知能を利用して特許関連業務を効率化する研究や製品,サービスの展開がはじまっている。本稿では,「自社・他社の強みや弱みの分析」や「特定の開発目的や特定の技術に関する出願動向の把握」といった目的の特許調査に対して,機械学習を含む様々な情報技術を活用し,1) 大量の特許文献から調査対象となる文献を探し出し,2) 探し出した文献から自動的にパテントマップ生成する方法について紹介する。

著者関連情報
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top