日本下肢救済・足病学会誌
Online ISSN : 2187-1957
Print ISSN : 1883-857X
症例報告
糖尿病や腎機能障害を合併する難治性創傷患者へのHMB,アルギニン,グルタミン含有食品使用の経験
大出 佑美須田 幸子石川 昌一市岡 滋
著者情報
ジャーナル 認証あり

2014 年 6 巻 1 号 p. 71-75

詳細
抄録

要旨:難治性創傷患者にはβ- ヒドロキシ-β- メチル酪酸(β-hydroxy-β-methylbutyrate: HMB),アルギニン,グルタミンが創傷治癒に有効とされている.当院では一般的な栄養管理とあわせHMB,アルギニン,グルタミン含有食品(以下HMB/Arg/Glu 食品:アバンドTM,アボットジャパン株式会社)を使用しているが,難治性創傷患者は糖尿病や腎機能障害を合併していることが多く,HMB/Arg/Glu 食品の使用には注意が必要である.今回我々は,糖尿病や腎機能障害を合併する難治性創傷患者にHMB/Arg/Glu 食品を使用し,血糖値や腎機能の変化に応じ薬剤や食事内容を調整することで,それらを悪化させずに治癒までHMB/Arg/Glu 食品の使用継続可能であった.糖尿病や腎機能障害を合併する難治性創傷患者にHMB/Arg/Glu 食品を使用する際は,補給栄養量とともに血糖値や腎機能を経時的に評価し,それに応じた薬剤や食事内容の調整をすることが重要である.

著者関連情報
© 2014 日本下肢救済・足病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top