日本経営診断学会論集
Online ISSN : 1882-4544
ISSN-L : 1882-4544
中小企業診断士(企業内診断士)の専門性発揮に関する一考察
—診断報酬有償化によるサービス品質向上—
川村 悟
著者情報
ジャーナル フリー

2013 年 13 巻 p. 37-43

詳細
抄録

中小企業診断士には,フリーランスとして活躍する「独立診断士」,企業に所属する「企業内診断士」という二つの属性がある。後者の企業内診断士は,所属企業の副業禁止規定によって,企業外において診断サービスを提供しても,有償で活動を行うことが難しい。したがって,無償の診断を余儀なくされ,サービス品質を向上しにくい問題が存在する。本報告では,診断報酬の有償化によって企業内診断士のサービス品質向上が実現できることを検証する。有償化が引き金となり,「企業内診断士のモチベーション向上」と「中小企業の要求品質向上」が相互に作用する好循環が生まれ,中小企業診断士の専門性発揮や中小企業の経営改善に貢献しうる可能性を示す。

著者関連情報
© 2013 日本経営診断学会
前の記事 次の記事
feedback
Top