音楽表現学
Online ISSN : 2435-1067
Print ISSN : 1348-9038
ジャン・シベリウスの《交響曲第3番》における創作概念と表現手法
神部 智
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 6 巻 p. 17-28

詳細
抄録

本稿の目的は、ジャン・シベリウスの《交響曲第 3 番》作品 52 における創作概念と表現手法の考察を通して、同交響曲に認められる新たな様式的方向を明らかにすることにある。民族ロマン主義からの芸術的飛躍を試みた中期創作期のシベリウスは、古典的作風の内に堅固な音楽的論理の確立を求めた。そこにおいて重要な鍵となったのが「交響的幻想曲」の創作概念である。《交響曲第 3 番》においてシベリウスは、伝統的なソナタ様式への斬新なアプローチ、そしてスケルツォとフィナーレ的要素の融合という独自の表現手法を拓いたが、それは自由な形式と堅固な論理の両立を求めた同時期のシベリウスの新たな創作概念に基づくものであったといえる。

著者関連情報
© 2008 日本音楽表現学会
前の記事
feedback
Top