日本臨床皮膚科医会雑誌
Online ISSN : 1882-272X
Print ISSN : 1349-7758
ISSN-L : 1349-7758
論文
不潔な皮膚に生じた原発性皮膚アスペルギルス症の2例
大田 美智北見 由季末木 博彦
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 35 巻 5 号 p. 742-747

詳細
抄録

 原発性皮膚アスペルギルス症の2例を報告する.症例1は87歳女性.4年前に生じた帯状疱疹の瘢痕部に疼痛,紅斑を認め受診した.左背部の帯状疱疹の瘢痕(皮膚の萎縮と脱色素斑)部に鱗屑を付す不規則形な紅斑と小びらんを認めた.びらんに対し抗潰瘍剤の外用で治療を開始したが紅斑は拡大し,小膿疱も出現してきた.膿疱の一般細菌培養でAspergillus nigerを検出,本症を考え生検した.組織は真皮上層に炎症細胞浸潤を認め,Grocott染色では角層のみに菌糸を認めた.イトラコナゾールの内服と創部の洗浄,抗真菌薬の外用を行い治癒した.症例2は53歳女性.Cushing症候群,尋常性乾癬で加療中に急性骨髄性白血病を発症し救急搬送された.血液内科転科時に腹部の皮疹に気付いた.下腹部に小児頭大の熱感を伴う紅斑を認め,厚く硬い黄褐色の痂皮に覆われた不規則形な潰瘍を混じていた.一般細菌培養検査でAspergillusを検出したため本症を考えて生検した.組織は真皮全体の炎症細胞浸潤と,Grocott染色では真皮に多数の菌糸を認めた.組織の真菌培養でAspergillus fumigatusを検出した.原疾患に対するミカファンギンナトリウム,イトラコナゾールの内服に加え,創部の洗浄,デブリードメント,抗潰瘍剤の外用を行い治癒した.症例1は免疫不全状態ではなかったが,4年前に発症した帯状疱疹の患部に触れることを怖がっていた.ナジフロキサシン軟膏の大量塗布を続けていたうえ患部を覆って入浴していたため,きちんと洗浄出来ておらず高温・多湿の環境であったことが発症誘因と考えた.症例2は極度の肥満があり,立位時皮膚が重なる部分があった.急性骨髄性白血病発症時は体調不良のため数カ月間ベッド上で過ごし,清拭もできない状態であったことも発症誘因と考えた.白血病などの免疫不全状態にある者や高齢者において,皮膚を不潔環境におくことはアスペルギルスの寄生,増殖を促し,原発性皮膚アスペルギルス症を発症させる要因であると考えた.

著者関連情報
© 2018 日本臨床皮膚科医会
次の記事
feedback
Top