労働安全衛生研究
Online ISSN : 1883-678X
Print ISSN : 1882-6822
原著論文
「クールビズ」導入オフィスにおける勤務者の温熱環境評価
榎本 ヒカル池田 耕一東 賢一栃原 裕
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 2 巻 1 号 p. 5-10

詳細
抄録

夏期における「クールビズ」実施オフィスの温熱環境条件およびその勤務者による性差を中心とした温熱環境評価の違いを明らかにするために,実測調査およびアンケート調査を行った.調査は2005年9月中旬に行われ,調査対象は東京都千代田区にあるオフィスビル及びその勤務者のべ84名であった.建物7階の執務室にて温熱環境条件の測定を行い,併せてそこで働く人を対象に着衣状況や主観的申告をアンケート形式で回答してもらった.その結果,今回測定されたオフィスにおける室温はおおむね28℃以下であった.勤務者の着衣状況はほぼ全員が軽装で,男性はジャケット着用者はおらず,ネクタイ着用率は1割程度であった.勤務者による温熱環境の評価については,女性はおおむね満足度が高いが男性は「快適」な人から「暑くて不快」な人まで様々であった.これは男女の着衣や代謝量,冷房に対する体質の違いに主として起因すると考えられる.また気温28℃におけるより快適な環境条件としてPMV=0.5となる条件の提言を行った.

著者関連情報
© 2009 独立行政法人 労働安全衛生総合研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top