不安症研究
Online ISSN : 2188-7586
Print ISSN : 2188-7578
特集:社交不安症
社交不安症の薬物療法
塩入 俊樹
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 7 巻 1 号 p. 29-39

詳細
抄録

社交不安症(障害)(SAD)は,社会的状況に対する過度でコントロールできない恐怖または不安が生じ,そのためそのような状況を回避し,著しい社会機能障害を呈する不安症である。本稿では,SADの薬物療法について,最近の知見を中心に述べる。メタ解析やRCTによるエビデンスによると,SADの薬物療法としては,SSRIとSNRI, そしてRIMAがプラセボに比し有意に効果があるとされている。しかしながらわが国ではRIMAは使用できない。また最近承認され,SADに最もエビデンスがあるSNRIであるベンラファキシンもSADへの保険適応がないことから,わが国でのSADの薬物療法の中心は,現時点ではSSRIとなろう。

著者関連情報
© 2015, Japanese Society of Anxiety Disorder
前の記事 次の記事
feedback
Top