農業食料工学会誌
Online ISSN : 2189-0765
Print ISSN : 2188-224X
ISSN-L : 2188-224X
研究論文
踏車の揚水量と揚水係数
木下 統御手洗 正文豊満 幸雄
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 78 巻 3 号 p. 227-231

詳細
抄録

踏車が我が国の農業生産に与えた影響を理解するには,揚水量等の踏車の性能に関する正確な資料を得ることが重要である。そこで本研究では,踏車の揚水量の理論式を再検討し,揚水量を実測して揚水係数を吟味することで,踏車の基本的な揚水性能を明らかにすることを目的とした。その結果,これまで実測例が少なかった踏車の揚水量について,種々の運転条件において実測することができた。足踏回数すなわち羽根車回転数が大きくなるにつれて,揚水量も多くなった。踏車の揚水係数は従来から言われていた値よりも低い値をとることと,羽根車回転数に応じて変化することが実測により明らかとなった。

著者関連情報
© 2016 農業食料工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top