農業食料工学会誌
Online ISSN : 2189-0765
Print ISSN : 2188-224X
ISSN-L : 2188-224X
最新号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
論説
特集
テクノトピックス
論文
研究論文
  • 新家 寿健, 西澤 宇一, 池田 知純, 垣本 映, 遠山 茂樹
    2017 年 79 巻 6 号 p. 485-493
    発行日: 2017/11/01
    公開日: 2020/06/09
    ジャーナル フリー

    本研究では,農作業の軽労化を目指した外骨格タイプのパワーアシストスーツを開発している。外骨格タイプのパワーアシストスーツでは,装着時と非装着時において関節の可動範囲が異なることが装着者への大きな負担となる。本論文では動き易さの度合を表す自由度実現度とアダプタビリティを用いて開発してきた農業用パワーアシストスーツの機構評価を行った。結果として可動範囲が十分でない関節を特定し,特に背部の自由度向上が課題であることを明らかにした。

  • 嶋田 義一, 下園 英俊, 有村 恭平, 岡田 大士, 西場 洋一
    2017 年 79 巻 6 号 p. 494-501
    発行日: 2017/11/01
    公開日: 2020/06/09
    ジャーナル フリー

    前処理したカボチャスライスを80,90および100℃の温度下で減圧フライし,含水率および油分などの減圧フライ特性およびカロテノイド等の成分を測定した。その結果,圧力,油温および試料温度の履歴から,予熱,恒率乾燥,減率乾燥と見なされる期間,およびフラッシュポイントを推測できた。また,含水率変化は指数モデル,油分変化はMoyanoら(2006)の示した実験式で表され,減圧フライ特性を把握することができた。さらに,減圧フライによる成分変化については,脂溶性成分のカロテノイドが50%以上,水溶性成分の糖,ポリフェノールもそれぞれ34,43%の残存率を示し,機能性成分の残存程度が明らかとなった。

技術論文
feedback
Top