土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
ISSN-L : 2185-6605
特集号(論文)
ジェットファン転用設置のための標準化を見据えた共通吊金具の開発
川手 修小濱 健吾貝戸 清之宮田 弘和
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 76 巻 2 号 p. I_157-I_168

詳細
抄録

 トンネル内の換気・排煙用に設置されているジェットファンは5~10年ごとに分解整備が行われる.このとき,分解整備のために撤去されたジェットファンの代替として,整備済みのジェットファンが転用設置される.ジェットファンは製造メーカーによって設置構造が異なり,ジェットファンをトンネル躯体から吊り下げるための吊金具類は転用設置を行うたびに新規製作する必要があり,ジェットファンが取り外されている期間の安全性や,費用の増加が懸念されている.本研究では,製造メーカーによって異なる設置構造を有するジェットファンを共通的に設置可能な共通吊金具を提案し,実用可能性を検討する.さらに,共通吊金具の導入によって大きく変わるであろう今後のジェットファンの維持管理について言及する.

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top