土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
和文論文
直線すべりによる新たな土圧算定法
岩田 智明
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 74 巻 1 号 p. 34-49

詳細
抄録

 擁壁の設計等で一般的に用いられている土圧計算式には,クーロン土圧理論を基本とした計算式とランキン土圧理論を基本とした直線すべりによる計算式がある.しかしながら,現在のところ,ランキン式(2面直線すべり土圧計算式)の適用範囲には限界がある.例えば,ランキン式で粘着力を考慮した土圧を算定する場合には,擁壁背面の地表面は単純な水平面である場合に限られる.
 本論文では,この問題点を解消する方法として,直線すべりを仮定した下での,既往の土圧算定法とは異なるアプローチによる,作図法を用いた新たな土圧算定法を提案する.また,新たな土圧算定法から得られる新たな土圧計算式を提案する.本提案式の妥当性の確認として,従来の土圧計算式および試行くさび法を用いて得られた算出結果と比較し,検証した.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top