土木学会論文集B1(水工学)
Online ISSN : 2185-467X
ISSN-L : 2185-467X
水工学論文集第61巻
遺伝的アルゴリズムと粒子群最適化法を用いた実測水位に基づく分布型流出・洪水追跡のパラメータ最適化法
重枝 未玲秋山 壽一郎Adelaida Castillo DURAN中木 翔也大久保 剛貴荒木 佑仁
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 73 巻 4 号 p. I_337-I_342

詳細
抄録

 本研究は,流域と河道特性を踏まえた上で,降雨外力から河道の水位・流量ハイドログラフなどの洪水流の予測を行なうことが可能な「分布型流出・準平面2次元洪水追跡モデル」と遺伝的アルゴリズムと粒子群最適化法を用いたモデルパラメータの最適化法を構築し,仮想流域での解析結果や彦山川流域での実測値に基づき,その妥当性について検討したものである.本研究から,本最適化手法を用いた分布型流出・準平面2次元解析は,同解析のモデルパラメータを推定できること,堰周辺の流れの再現性については改善の余地が残るものの,複数の支川が合流する河川での水位ハイドログラフをある程度の精度で予測すること,などが確認された.

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top