土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.28
スラリー粘土圧入による人工干潟修復方法に関する研究
菊原 紀子熊谷 隆宏土田 孝杉原 広晃
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 68 巻 2 号 p. I_1073-I_1078

詳細
抄録

 干潟地盤中にスラリー化した浚渫土(以下,スラリー粘土)を圧入して地盤を隆起させる工法(以下,圧入工法)は,周辺環境への負荷が少ない地盤高修復方法として既往の研究で提案されている.本研究では圧入工法の確立に向けて,干潟地盤を広範囲かつ緩やかに隆起させるための付帯技術の有効性について検討を実施した.地盤を緩やかに隆起させるためには,スラリー粘土圧入位置周辺で,事前に水平に広く軟化させることが有効であることを確認した.また,原地盤を広範囲にわたって軟化させる技術として,従来の高圧噴射撹拌工法における噴流切削技術を援用するとともに,噴射ノズルの形態等を工夫する提案を行う.さらに,これらの実験結果を踏まえた実海域での施工方法を提案する.

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top