土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.31
天端幅と透水性を考慮した越流時の被覆ブロックの安定性とその対策
辻本 剛三三宅 雅靖山岡 采加柿木 哲哉宇野 宏司
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 71 巻 2 号 p. I_605-I_610

詳細
抄録

 粘り強い海岸構造物を目指して構造物背後の陸側を強化する方法として,被覆ブロックによるマウンドの補強を検討した.被覆ブロックの被災形状は法肩部の剥離,法面での滑落,吸い出しの3タイプとなった.構造物の天端幅の増加により越流直前の水深が減少し,水平方向に飛び出す流速が増大するために,流脈の先端がマウンドの法面に到達し易くなり,安定性が低下する.対策として連結ブロックのように被覆ブロックを流れ方向に連結させることで安定性が極めて高くなる.数値モデルでは被覆ブロックやマウンドの透水性を考慮する必要があり,不透過として扱うと法面での負圧が過大に評価される.

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top