土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.34
津波来襲時の砂移動・地形変化に及ぼす海域狭窄部の影響
有光 剛川崎 浩司
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 74 巻 2 号 p. I_216-I_221

詳細
抄録

 本研究では,津波来襲時に顕著な砂移動が生じる海域の狭窄部を対象に水理模型実験を実施し,狭窄部の幅や形状が砂移動・地形変化に及ぼす影響について議論した.さらに,実験の再現計算を通じて,平面2次元津波移動床モデルの適用性について検討を実施した.
 実験結果から,狭窄部周辺の地形変化量に及ぼす狭窄部幅の影響が大きいことが明らかとなった.一方で,最大侵食深は狭窄部形状による差異が大きく,急縮形状の場合には3次元的な渦の影響を受けて,狭窄部幅に関わらず深掘れが生じることが判明した.また,津波移動床モデルによる再現計算の結果,3次元的な流れによって生じる局所的な洗掘の再現は困難であるものの,局所的な地形変化が問題とならない場合,狭窄部幅による巨視的な地形変化の差異を概ね良好に評価できることが確認された.

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top