土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
海洋開発論文集 Vol.37
新潟県荒川河口砂州における地形変化の変形過程の再現計算の定量化と開口機構の解明
大泉 洸太石橋 邦彦中村 亮太高橋 明
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 77 巻 2 号 p. I_355-I_360

詳細
抄録

 本研究では,新潟県荒川河口部の出水期を対象として,河口砂州の地形変化に関する再現計算を行った.複数の波浪境界条件を用いて,土砂輸送モデルXBeachによる数値計算を行った結果,地形変化結果が観測値と定性的に符合していた.さらに開口機構を高度に解明するため,再現計算の定量的評価を行った.具体的には,定量的指標であるBSSを用いて,河口砂州の地形変化の再現計算を評価した.結果として,測線箇所や波浪境界条件の違いによって,測線毎に再現性が異なっていたものの,開口部ではBSSの値が概ね0.5以上となっていた.そして,最も再現性が高い数値計算結果から,荒川河口部の開口機構を評価した.その結果,河口砂州で発生した地形変化は,河川流量の卓越により引き起こされた底面シアの急激な増加によることが確認された.

著者関連情報
© 2021 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top