日本CT技術学会雑誌
Online ISSN : 2434-2750
Print ISSN : 2434-2769
原著
Dual energy CTにおける撮像管電圧差が仮想単色X線画像の画質に与える影響
上江田 博司川嶋 広貴市川 勝弘高田 忠徳三井 渉
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 8 巻 1 号 p. 11-

詳細
抄録

重要な要点

1) Frequency split法を利用したmonoenergetic plus画像は,大幅に画像ノイズを低減し,画質改善に有用である.

2) 撮像管電圧差の大きな組み合わせは,低エネルギー仮想単色X線画像の画質特性に優れる.

3) 撮像管電圧差が小さくなると,低エネルギー仮想単色X線画像の低周波成分における画質劣化が顕著となる.

要旨

[目的]

 本研究は,撮像管電圧差がdual energy CTから生成される仮想単色X線画像の画質に与える影響を評価した.

[方法]

 CT装置には第2世代の2管球CTを用い,成人腹部のX線吸収を模した300 mm径の円筒型水ファントム内部に2 mgI/mLのヨードロッドを固定しスキャンした.撮像管電圧の組み合わせは,80 kV+錫フィルタを付加した140 kV (80/140Sn kV)および100/140Sn kVとし,CTDIvol = 20 mGyに設定した.仮想単色X線画像は,原理に忠実な解析画像 (Mono)とそれに非線形ノイズ低減処理を行った画像 (Mono plus)をそれぞれ再構成した.その際の設定エネルギーは40 keVとした.画質評価としてnoise power spectrumとtask transfer functionを測定し,それらからsystem performance function (SPF)を算出した.

[結果]

 Mono画像において,画像ノイズは,100/140Sn kVが80/140Sn kVより大きくなった.Mono plus画像ではMonoに比べノイズが低減され,2つの管電圧の組み合わせでCT値のノイズ変動 (SD: standard deviation)値は同程度となった.しかし,SPF2の最低周波数では80/140Sn kVが,100/140Sn kVに比べ1.5倍以上高い値となった.

[結論]

 撮像管電圧差の大きな組み合わせの方が,低エネルギー仮想単色X線画像の画質特性が優れる.

著者関連情報
© 2020 日本CT技術学会
前の記事 次の記事
feedback
Top