日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
維持透析患者の高カリウム血症の漢方製剤六君子湯によるコントロール
柴田 昌典坂口 俊樹内山 秀男森川 茂広谷口 信吉宇佐美 一政
著者情報
ジャーナル フリー

1995 年 28 巻 11 号 p. 1443-1446

詳細
抄録

高カリウム血症の持続する維持透析患者11例に, ツムラ六君子湯7.5g/dayを三分割投与したところ, 血清カリウム値の顕著な低下を認めた.
薬剤投与直前の血清カリウム値は6.7±0.6mEq/lで, 1週間後には6.0±0.8mEq/lと有意に低下した. さらに2週間後, 4週間後には5.5±0.5, 5.6±0.6mEq/lと比較的短期間で, 顕著に低下し投与開始直前に比し, いずれも5%以下の有意水準で有意の低下と判定された. また六君子湯によると思われる重篤な副作用は, 特に認めなかった.
種々の管理にもかかわらず, 高カリウム血症の出現持続する透析患者には, 内服も容易な漢方製剤六君子湯の投与は, 従来の方法に比べ簡便であり, 今後一つの補助的方法として効果があると考えた.

著者関連情報
© 社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top