日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
28 巻 , 11 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
  • 中村 敏子, 木村 玄次郎, 富田 純, 井上 琢也, 稲永 隆
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1407-1413
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    血液透析の導入が必要である患者では, 高血圧や肺水腫等のため, 適正な体液量レベルの体重 (DW) をあらかじめ推測することが重要である. しかし, これまでは, DWを決定する絶対的な基準がないため, 実際にどの体重レベルまで除水すればよいのかを推定することは困難であった. そこで, 1977年から1987年の間に当施設で血液透析に導入し転院し得た慢性腎不全患者190例を対象として, 導入時の体重変化の程度と性別, 年齢, 原疾患, 血圧, 胸部X線 (CTR), 心電図などを調べ, DWまでの除水量や体液量是正後の血圧の推定が可能かどうか検討した. 導入期の体重 (iBW) と転院時の体重 (mBW) の差をとり, それを後者で除したものを体重変化率 (%ΔBW) とした. 導入期の収縮期血圧 (iSBP) と維持期の収縮期血圧 (mSBP) の差をとり, それを前者で除したものを収縮期血圧変化率 (%ΔSBP) とした. 性別や年齢は%ΔBWや%ΔSBPに影響を与えなかった. 導入時心電図所見を左室肥大とST変化により4段階に分けスコア化した (ECGスコア). %ΔBwはiSBP, CTR, ECGスコアと相関し, 慢性糸球体腎炎では糖尿病性腎症に比し低値を示した. iSBPは慢性糸球体腎炎では糖尿病性腎症や腎硬化症に比し低値であった. %ΔSBPは, iSBPやECGスコアと有意な相関を示し, 慢性糸球体腎炎や糖尿病性腎症では腎硬化症に比し高値であった. ECGスコアは慢性糸球体腎炎では糖尿病性腎症や腎硬化症に比して軽度であった. このように, 透析導入時に必ず施行される諸検査 (血圧, 心電図, 胸部X線) を利用して, 導入時の体重増加がDWの何パーセントであり, DWまでどの程度除水すべきなのか, 維持期には血圧がどのレベルまで低下するのかをも, 推定することが可能であることが示唆された.
  • 鶴屋 和彦, 原田 篤実, 久保 信二, 満生 浩司, 武田 一人, 渕上 忠彦
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1415-1420
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    40歳以上の慢性血液透析患者46例にルーチン検査としての大腸内視鏡検査を行い, 直腸癌1例 (2.2%), 大腸ポリープ11例 (23.9%, 23病変) を発見した. 直腸癌はBorrmann 2型の分化型腺癌で, Milesの手術を施行した. 大腸ポリープはすべて腺管腺腫で, 11例のうち4例に内視鏡的ポリペクトミーを施行した. 大腸ポリープの認められた11例 (ポリープ群) と病変の認められなかった34例 (非ポリープ群) について種々の臨床パラメーターを比較したところ, ポリープ群でヘマトクリット値が有意に低く (ポリープ群26.4%, 非ポリープ群29.4%), また免疫学的便潜血検査の陽性頻度が高かった. このことより, 大腸ポリープからの慢性的な出血の存在が疑われた. 便潜血陽性頻度と大腸ポリープ有病率との関係をみると, 過去1年間, 月1回の便潜血陽性回数が0回, 1回, 2回, 3回以上において, ポリープ有病率はそれぞれ0%, 25%, 38%, 100%で, 便潜血陽性頻度と大腸ポリープ有病率との間に関連性が認められた. 以上より, 慢性血液透析患者では大腸ポリープの有病率が高く, ポリープからの出血や腺腫の癌化の可能性を考えると, ルーチンに大腸内視鏡検査を行うことが望ましいと思われた. また, そのスクリーニングとして, 免疫学的便潜血検査が非常に有用であった.
  • 桜井 俊宏, 古谷 裕章, 田部井 薫, 浅野 泰
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1421-1427
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    CAPD患者の至適透析の指標としてweekly clearanceの測定は重要である. しかし, 外来患者でのweekly clearanceの測定では, 通常一日排液を持参させる必要があり, 通院患者にとってかなりの負担である. そこでweekly clearanceをnight timeの排液から推測できるか否かを検討した. 同時にPETの結果から, 尿素窒素 (UN) やクレアチニン (Cr) の一日総排泄量を推定できるか否かも検討した. その結果, UN, Cr, 尿酸 (UA), Kに関してはnight timeの濃度と総排液量から一日排泄量を推定することが可能であった. Na, Cl, Caなどのように元来透析液に含まれているものは, 誤差が大きく推定は難しかった. また, 蛋白, β2-microglobulin (β2-MG). では, 貯液時間の影響を受け, night time排液からの推定では過大評価してしまうことが明らかとなった. さらにPET 2時間値から計算したCrとUNの一日排泄量と実測値は密な相関を示し, 有用な方法と考えられた.
  • 中田 瑛浩, 矢口 博理, 三條 康典, 沢村 俊宏, 舘野 正, 笹川 五十次, 八木沢 隆, 久保田 洋子, 安達 雅史, 山口 寿功
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1429-1435
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    山形県における透析療法患者は1993年の時点で1,065人である. 年代別推移を見るに男, 女とも毎年5-10%ずつ増加しつつある. 特に50歳以上の糖尿病性腎症患者が増加傾向にある. 慢性透析患者の死因は心不全, 感染症, 脳血管障害が主たるものである. CAPD患者は大多数が自分の意思でこの治療法を選んだが, 透析施設の不足, シャントトラブル, 心疾患などの医療上の理由でCAPD療法を受けている患者も約31%を占める. 慢性腎不全の予防, 病態の改善に若年期より糖尿病のコントロールが必要であることが推測される.
  • 田村 忠司, 太田 真, 佐藤 成明, 杉本 健一, 田中 博, 宇都宮 正範, 齊藤 広重, 岡田 秀雄, 池田 恵一, 川口 良人, 酒 ...
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1437-1442
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    維持血液透析患者における左房機能および左室拡張機能を検討するために左室流入および肺静脈血流速波形を解析した.
    血液透析患者14例および健常者12例を対象とし, パルスドプラ法を用い左室流入および肺静脈血流速波形を透析終了後2-14時間にて記録した. 左室流入血流速波形より拡張早期最大血流速 (E), 心房収縮期最大血流速 (A), A/EおよびEのピークからの減速時間 (DT) を, 肺静脈血流速波形より収縮期最大血流速 (PV-S), 拡張期最大血流速 (PV-D) および心房収縮期逆行性最大血流速 (PV-A) を計測した.
    左室拡張機能障害の指標であるA/EおよびDTは血液透析患者で有意に大であった. EおよびPV-Dは両群間で有意差はなかった. 左房血液貯留機能の指標であるPV-Sおよび左房ポンプ機能の指標であるAおよびPV-Aは血液透析患者で大であった. 左房径はA, PV-A, PV-Sと各々有意な相関を示した.
    維持血液透析患者では左室拡張機能障害および慢性の前負荷増加状態に対し左房の血液貯留機能およびポンプ機能を亢進させて対応していると考えられた.
  • 柴田 昌典, 坂口 俊樹, 内山 秀男, 森川 茂広, 谷口 信吉, 宇佐美 一政
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1443-1446
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    高カリウム血症の持続する維持透析患者11例に, ツムラ六君子湯7.5g/dayを三分割投与したところ, 血清カリウム値の顕著な低下を認めた.
    薬剤投与直前の血清カリウム値は6.7±0.6mEq/lで, 1週間後には6.0±0.8mEq/lと有意に低下した. さらに2週間後, 4週間後には5.5±0.5, 5.6±0.6mEq/lと比較的短期間で, 顕著に低下し投与開始直前に比し, いずれも5%以下の有意水準で有意の低下と判定された. また六君子湯によると思われる重篤な副作用は, 特に認めなかった.
    種々の管理にもかかわらず, 高カリウム血症の出現持続する透析患者には, 内服も容易な漢方製剤六君子湯の投与は, 従来の方法に比べ簡便であり, 今後一つの補助的方法として効果があると考えた.
  • 常喜 信彦, 長谷 弘記, 中村 良一, 伊西 洋二, 安田 千香子, 石川 裕泰, 矢吹 壮, 山口 徹, 佐藤 恭介, 二宮 健次, 石 ...
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1447-1453
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    透析患者の高齢化, 長期化に伴いblood access troubleを繰り返す症例が増加している. このようなblood access作製困難例のblood accessとして長期間留置を目的としたダブル・ルーメンカテーテル (SOFT-CELL®: Vas-Cath, Ontario, Canada) を使用する機会を得た.
    SOFT-CELL®は特殊ポリウレタン製カテーテルで, 従来のシリコン製より耐久性, 抗血栓性に優れ, さらに皮下トンネル内にダクロン・カフを留置させ長期留置を可能にしたものである. 対象は4症例である. いずれも右鎖骨下静脈より挿入し, 皮下トンネルを介し右の前胸部にカテーテルの出口部を設けた. 4症例中1例は過長なカテーテルのため心室性不整脈が誘発され, 3日後に抜去した. 残りの3症例では感染症や血栓形成の合併症は認められず, カテーテルのために抜去せざるを得ない症例はなかった.
    本カテーテルは厳重な合併症対策により, 新しい恒久的blood accessになり得ると考えられた.
  • 福内 史子, 飛田 美穂, 佐藤 威, 猪口 貞樹, 澤田 裕介
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1455-1460
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    毒キノコ (ドクツルタケ) を誤って食し, 急性腎不全, 肝機能障害, 血液凝固異常をきたした症例を経験したので報告する.
    症例は51歳, 男性. 主訴は嘔気, 嘔吐. 1993年7月22日夕食時に登山の際に自分で採取してきたキノコ (真っ白で高さ10cm) を油炒めにして3本食べた. 翌朝より激しい嘔吐が出現し, 同日夜, 当院救命救急センターを受診した. 来院時, 意識清明, 血圧110/70mmHg, 脈拍64/分, 肝, 腎, 脾を触知せず, 胸腹部に理学的異常所見を認めなかった. 入院時血液検査成績では, クレアチニン (sCr) 4.4mg/dl, 尿素窒素 (BUN) 29mg/dl, GOT 238U/l, GPT 614U/lと腎機能, 肝機能の障害を認めた. 来院時すでに無尿状態であった. 入院後, ただちにHDF (血液濾過透析) を施行. 絶食とし, 中心静脈栄養管理下におき, 経口腸管洗浄液, 解毒剤 (glutathione), ビタミンK2, ビタミンC, ビタミンEを投与, さらに血中FDPの上昇を認めたため, メシル酸ガベキサートの投与を行った. 入院後約5日でGOT, GPTは正常化したが, 入院後10日間は無尿であり, 血液透析を必要とした. 入院11日目より利尿がつきはじめ, 入院17日目には利尿期となった. 以後, 順調に経過し, 入院50日目にsCr 1.1mg/dl, BUN 13mg/dl, GOT 31U/l, GPT 36U/lにて退院した.
  • 杉浦 啓介, 鶴屋 和彦, 満生 浩司, 武田 一人, 原田 篤実
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1461-1465
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    症例は42歳, 女性. 慢性糸球体腎炎よりの末期腎不全にて1987年8月慢性血液透析へ導入された. 1993年6月の胸部X線写真にて大動脈起始部に小膨隆が出現し, 同時期に胸背部痛を認めたが自然に消失した. 8月同部の膨隆がφ7cm大の半球状陰影に拡大したため, 解離性大動脈瘤を疑われて8月6日当科へ入院した. 胸部CTで右前縦隔にlow density mass, 胸部MRIでT1, T2強調像ともに高信号を呈するmassを認めた. 心外膜外に位置しており層状構造がないことより前縦隔腫瘍と診断し, 8月25日前縦隔腫瘍摘出術を施行した. 組織学的には胸腺嚢腫で悪性所見はみられなかった. 9月15日退院し現在某院にて外来維持透析中である. 慢性血液透析患者に胸腺嚢腫を合併した症例の報告はみられず, また急速に拡大し, 胸部解離性大動脈瘤が疑われた臨床経過が興味ある症例と思われたため報告する.
  • 斎木 豊徳, 小野 淳一, 福島 達夫, 橋本 彰, 佐々木 環, 北野 裕一, 〓村 信介, 平野 宏, 大澤 源吾
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1467-1473
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    従来血液濾過法に用いられている補液アルカリ化剤は酢酸あるいは乳酸を主体としたものであり, 長期透析患者の合併症としての血圧低下症例には適していない. 我々は, いかなる血液浄化法を用いても安定血圧の得られない2症例に対して電解質液を自家調合し既存の重曹液とともに補液として用いた. そしてその安全性, 効果を既存の酢酸, 乳酸によるアルカリ化剤と比較検討した. 結果は2症例とも電解質補液中エンドトキシン, 細菌の検出はなく, 酢酸液に比し経時的収縮期血圧, 拡張期血圧, 脈拍変化は有意差をもって安定していた. さらに乳酸補液は酢酸補液と同様に経時的血圧変動を認め重曹補液と比較し血圧は低い傾向にあった. またTI心筋シンチグラフィーで重曹群は酢酸群, 乳酸群いずれと比較しても心筋中TIの集積増加を示唆する結果を示した. 酢酸, 乳酸補液と比較し重曹のみの補液は, その循環動態に与えうる影響は少なくかつ我々の採った別ルート注入法は自家製で利用できる点で優れていると思われる.
  • 曽我 陽子, 西尾 晃, 中村 充男
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1475-1479
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    症例は73歳の女性. 昭和62年よりPNHとして少量のステロイド剤にて比較的安定して経過していたが, 平成5年6月にLDH7,320IU/lに達する著しい血管内溶血に伴いBUN130mg/dl, Cr 10.6mg/dlと急性腎不全をきたした. 生検にて糸球体は著変なく尿細管上皮にヘモジデリンの沈着を認め, 腎不全の主因は溶血発作であると考えられた. 直ちに血液透析に導入し, 約2週間の経過で軽快退院した. しかし10月には下腿静脈血栓症を起こし再入院. 溶血所見も徐々に悪化し, 11月には再度透析導入が必要となり, 急性期は脱し得たものの, 以後汎血球減少も進み溶血の進行とともに腎機能も低下し, 全身状態の悪化から高窒素血症, 溢水のために死亡した. PNHの溶血発作に随伴する腎不全の報告は散見されるが, 本症例ではそれが直接の死因となった点が注目に値する. 腎不全もまたPNHの予後を規定する重要な合併症と思われ経過観察上も十分な注意を払うべきと考え報告した
  • 金子 織善, 目良 純一郎, 藤巻 道孝, 浜田 奈津子, 霜村 昌彦, 鈴木 康之, 織田 邦義, 松井 克之, 街 稔, 中村 一路, ...
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1481-1486
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
    症例は42歳女性, 平成5年4月下旬に下肢の紫斑に気付き某医受診, 血小板減少および意識障害の出現を認め5月上旬当院入院となった. 入院後, 動揺する精神神経症状, 血小板減少, 微小血管性溶血性貧血, LDH高値, より血栓性血小板減少性紫斑病と診断し抗血小板剤, 新鮮凍結血漿の輸注, ステロイドパルス療法を施行した. しかし精神神経症状は悪化し昏睡に陥ったため血漿交換療法を開始, 計23回の血漿交換により寛解を得た. 本症例では血漿交換 (PE), 血漿輸注 (PI) の効果を血小板数, LDH値の変化率を用い比較検討した. その結果, 血小板増加率, LDH減少率ともにPEが有意に優れていた. また経過中に血管内皮細胞障害の指標としてPGI2の代謝産物である6-keto-PGF1αを, またTTPの病態への関与が報告されているvon Willebrand factor antigen (vWF-Ag), vWF-multimer解析を経時的に測定し病態との関連を検討した. 6-keto-PGF1αは入院時と比べ, 寛解期に増加傾向を認めたが, ほぼ正常範囲内の推移にとどまった. vWF-Agは不変であり, vWF-multimer解析も正常パターンを示した.
  • 水質およびパイロジェンフィルター評価基準検討小委員 , 山上 征二
    1995 年 28 巻 11 号 p. 1487-1493
    発行日: 1995/11/28
    公開日: 2010/03/16
    ジャーナル フリー
feedback
Top