情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
研究論文
複合的な情報資源のLinked Open Data化における構造分析と スキーマ定義手法
林 賢紀瀬尾 崇一郎阪口 哲男
著者情報
ジャーナル フリー

26 巻 (2016) 1 号 p. 11-28

詳細
PDFをダウンロード (8497K) 発行機関連絡先
抄録

 Web技術によるデータ公開の方法としてLinked Open Data(LOD)が注目されている.しかし,既存のWeb上の情報資源の多くは人が読む利用形態に適したデータ構造のままであるなど,構造化が不十分であることが指摘されている.本研究においては,異なる性質の要素を持つ複合的な情報資源に対し,相互運用性を持ちかつ情報損失を起さずにLODを適用する方法について検討を行った.この結果,対象となる情報資源に記載されている情報を元にして,文書の構造や使用されている語彙などを分析することにより,LODへの再構成を効率的に行うことが可能であることを明らかにした.また,関連付けが可能な他の情報資源を用いて不足している情報を補うことを前提とした構造化により,人が読む利用形態に適したデータ構造に基づいていても適切なLOD の適用を可能とし利活用しやすくするための一手法を示した.

著者関連情報
© 2016 情報知識学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top