廃棄物資源循環学会研究発表会講演集
第21回廃棄物資源循環学会研究発表会
セッションID: P2-A4-9
会議情報

A4  住民意識・環境教育
エコポイント制度による家電製品の環境配慮行動への効果
*織田 朝美山本 祐吾加藤 悟
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

 エコポイント制度が家電を買替える上での促進作用になっているのか、またメーカーや行政の広告で宣伝されているほど消費者にとって利益のある制度であるのか、検討すべき事項はある。 本研究は、実際にエコポイント制度がどの程度普及し、消費者行動に影響を及ぼしているか。また、家電を買替える上で、何が消費者の購買行動の指標となっているかを検討した。  アンケート協力者のうち、実際にエコポイント制度を使って家電を購入した割合は全体の32_%_であり、30_%_は購入を検討中であることが分かった。実際に家電を買替える場合に考慮する点は、「値段」(86_%_)や「機能」(75_%_)であり、「エコポイント」を考慮して購入する割合は低かった(23_%_)。  また、エコポイント制度の活用に関する意見では、家電購入者は「エコポイント制度の申請が複雑」「エコポイントが付与されるまでの時間がかかる」といった意見が複数あった。

著者関連情報
© 2010 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
前の記事 次の記事
feedback
Top