日本運動器看護学会誌
Online ISSN : 2435-001X
Print ISSN : 2186-635X
頸椎手術後患者の安楽な頸部固定用枕の改良
稲田 美穂重松 美香土井 智子杉田 聡子宮本 ユミ子和田 磨須美
著者情報
キーワード: 頸椎手術, 椎弓形成術,
ジャーナル オープンアクセス

2007 年 2 巻 p. 59-62

詳細
抄録

当院では,頸椎手術後の頸部固定のために,砂のうを左右に置き,後頭部に薄いスポンジを当てるという砂の う固定を行っていた. しかし,砂のう固定は患者にとって圧迫感を生じさせ.ベッドのギャッジアップ時に肩に 重く載る等の問題があったため.平成16年10月より頸部固定用枕を作製し,使用していた.手術後の頸部固定 に問題は生じなかったものの,患者によって頭部・頸部に窮屈感があり,安楽に頸部固定ができるような改良の 必要性を感じた.そこでタイプA,タイプBの頸部固定枕を検討したサイズバリエーションを加えたタイプBは. 安楽で頸部の固定が確実にでき,患者個々の固定感に応えられるという,快適性においても高い評価を得る頸部 固定具となった.

著者関連情報
© 2007 日本運動器看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top