日本運動器看護学会誌
Online ISSN : 2435-001X
Print ISSN : 2186-635X
成長期スポーツ傷害患者の食生活と保護者の意識調査
戸田 美奈子小川 ゆかり藤本 敦子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2007 年 2 巻 p. 65-71

詳細
抄録

成長期スポーツ栄養指導のための基礎資料を得るために2005.8.1-8.31までにスポーツ整形外科外来を受診 した小中学生のスポーツ傷害患者131名とその保護者131名を対象に食生活に関するアンケート調査を行った. スポーツ1傷害患者の食生活の特徴は,同年期の子供の調査結果と差異がなくl).嗜好の偏り,栄養バランスの不 良が指摘された.また傷害頻度の高い患者に朝食の摂取不良,サプリメント使用が多かった.スポーツ整形外科 看護において,将来にわたりよりよいスポーツライフを送るための楊害予防指祁の一環として食教育が必要であ ると考える.

著者関連情報
© 2007 日本運動器看護学会
前の記事 次の記事
feedback
Top