日本栄養・食糧学会誌
研究ノート
定量法の違いによる母乳中のビタミンB6量の変動
柴田 克己杉本 恵麻廣瀬 潤子福渡 努
著者情報
ジャーナル フリー

62 巻 (2009) 3 号 p. 131-135

詳細
PDFをダウンロード (867K) 発行機関連絡先
抄録

微生物定量法で測定した母乳中のビタミンB6含量はHPLC法で測定した値の1/2である。この原因を調べるために本実験を行った。ビタミンB6要求株酵母Saccharomyces carlsbergensisは, 遊離型ビタミンB6のみに応答する。この原因は, 母乳に含まれるピリドキサール5´-リン酸が, 微生物定量法の前処理である既報の酸加水分解処理によって完全に遊離型に変換されなかったためであった。

著者関連情報
© 2009 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
前の記事

閲覧履歴
feedback
Top