日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
ISSN-L : 0287-3516
報文
若年女性の肌状態と栄養素等摂取, 代謝, 自律神経活動の関連
永井 成美菱川 美由紀三谷 信中西 類子脇坂 しおり山本 百希奈池田 雅子小橋 理代坂根 直樹森谷 敏夫
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 63 巻 6 号 p. 263-270

詳細
抄録

本研究の目的は, 若年女性の肌状態に栄養, 生理学的要因が関与するかどうかを検討することである。横断的研究として, 肌状態, 生理学的検査, 2日間の食事調査, 精神状態, ライフスタイルに関するデータを皮膚疾患のない54名 (2022歳) の女子学生より得た。肌状態と生理学的検査項目 (体温, エネルギー消費量, 自律神経活動) は非侵襲的手法により測定した。統計解析の結果, 角層細胞面積とエネルギー代謝, 角層水分量とビタミンA・B1摂取量, 交感神経活動指標に関連が認められた。バリア機能の指標である経皮水分蒸散量と炭水化物, ビタミンB1, 野菜摂取量にも関連が認められた。また, 肌状態はメンタルな面や自宅での冷暖房使用とも関連していた。以上の結果から, 若年女性の肌状態には栄養的な因子とともに活発な代謝と自律神経活動が関与することが示唆された。

著者関連情報
© 2010 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
次の記事
feedback
Top