日本栄養・食糧学会誌
Online ISSN : 1883-2849
Print ISSN : 0287-3516
報文
コーヒー摂取が胃運動および自律神経活動に与える効果の検討
種村 一識松永 哲郎山崎 英恵李 子帆城尾 恵里奈足達 哲也近藤 高史津田 謹輔
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2012 年 65 巻 3 号 p. 113-121

詳細
抄録

コーヒーの様々な生理機能が注目されているが,消化管への作用に関しては不明な点が多い。そこで,コーヒー摂取による胃運動および自律神経活動への作用を検討した。検査日0時から絶食した男性(21.3±0.3歳;常飲者12名,非常飲者12名)24名を対象に,コーヒー,カフェインレスコーヒーまたはお湯(260mL)をロールパン(285kcal)とともに摂取させるクロスオーバー試験を実施した。評価は胃電図解析および心拍変動解析により行い,胃電図は空腹時18分間と食後45分間,心拍変動は空腹時と食後35分後の各10分間測定した。コーヒー摂取でお湯と比べて食後10-20分の胃電図の正常波パワーが有意に高値を示した。また,コーヒー摂取時のみ自律神経活動指標値が有意に増加し,この効果はコーヒー常飲者(≧1cup/日)で顕著であった。本結果から,コーヒーは胃運動と自律神経活動を亢進させることが示唆された。

著者関連情報
© 公益社団法人 日本栄養・食糧学会
前の記事
feedback
Top